船橋市三咲エリアの魅力をぎゅっとお届け!三咲エリアニュース

【三咲なんだコレ】密かにハマる人、増加中!「テータレ」という飲み物@高根公団

【三咲なんだコレコレクション】
三咲周辺エリアの「なんだコレ?!」の謎を追求する「なんだコレハンター」が、謎を追求すべく、体当たりで三咲周辺のあちらこちらを駆け巡ります!

みなさんこんにちは!なんだコレ隊員のタカキです!

この自粛期間中、気になっていたお店にテイクアウト利用で行ったりして、お家カフェ時間を楽しんでいました♪

その間に行ったのが、高根台団地内の商店会にある紅茶専門店「Vine&Shrub(ヴァインエンドシュラブ)」さん。
前から気になっていたお店の1つで、ふらりと紅茶を買いに覗きに行った時、ちらりと目にとまったのがこちら。

テータレ!?!?
初めて見た名前に後ろ髪をひかれつつ、この日は帰宅。そして気になる左の写真!

SNSを開いたら、お友達が「このテータレがおいしすぎて、あびるほど飲みたい!」とな!!!
そんなにおいしいのならば飲みに行かねば!とタカキも「テータレ」目掛けて、突撃!

場所は、ここ! 目の前には東船橋病院、高根木戸近隣公園も近い、この場所です!

お店の入り口はこちら

可愛らしいグリーンの扉に多肉ちゃんなどが飾ってあります。先日は多肉の販売もしていました!

店内に入ると、、、あれ!? 先日もいた方が、また今日も(笑)。

頻繁に利用したくなる、常連さんが多いお店なのは、オーナーの榊原律子さん(エプロン姿の左の女性)と、榊原さんの隣りに立つ、リーダーの賞雅志津恵さんのお2人の人柄だと感じます。

明るくて、気さくで、話を聞いてくださり、ここに来るととても居心地良くしてくださるお2人なんです♪

で、例の「テータレ」
店内にある説明には「マレーシアやシンガポールでおなじみのミルクティー。濃いめの紅茶にコンデンスミルクを入れて2つのカップに紅茶を交互に入れて引きながら泡を立てて作ります」とあります。

隊員:「テータレを飲みに来たんですが、どんな味か想像がつかなくて」

律子さん:「テータレはマレー語で“引くお茶”という意味です。当店では、身体に良いものを提供したくてコンデンスミルクではなく無糖のエヴァミルクと三温糖で仕上げたヘルシーなテータレを再現しています」

引くお茶!?

コンデンスミルクと聞くと、すごく甘いのかと想像していたが、ますます気になる!
早速作って頂きました。

まずは顆粒状の紅茶にお湯を注ぎ

台の上で蒸らします。この時、茶葉がくるくると中を泳ぐんです♪ 見ていて癒されます♪

そして一気に落とします!

三温糖とエヴァミルクの入った容器に紅茶をイン~!!

繰り返し、高いところから紅茶をイン~っ!!!

できあがりが、こちら。あわあわ~♪

アイスはこちら。ホットもアイスも300円(税込)。

どちらも飲みましたが、ホットのほうが甘味を強く感じ、アイスはさっぱりですが、どちらも嫌な甘味ではなく、ガツンと紅茶の旨味を感じ癒される甘さです。

あぁ、浴びたくなる気持ちがわかるー!!(笑)

律子さん: インドでは道端でおじさんがテータレを作って販売しているの。高根公団ではおばさんがおいしいテータレを作るの♪

と明るく笑顔で話してくださいました♪

テータレをはじめたきっかけは、コロナの影響でテイクアウトを始める際、律子さんのシンガポール人のご主人の一言でシンガポール料理のお弁当を提供し始めたことから、その国の飲み物も一緒に出してみたのがきっかけなんですって。

店内には子連れに嬉しい和室も!

私はこの日ランチにガレットを頂きました。こちらは、そば粉のガレット・サラダ付き600円税込。生地がもちもちで、お野菜もたっぷりでおいしかったです。

子連れでも気軽に入れるので、ぜひ皆さんも“「テータレ」を浴びたくなる気持ち”を体感してきてくださいませ(笑)!

ーーーーーーーーーーーーー
Vine &Shrub
住所:船橋市高根台3-3 高根台東ショッピングセンターH-6
TEL:050-5534-9088
営業時間:9:30~17:00
定休日:土・日曜
https://www.vineshrub.com/

関連記事

PAGE TOP