船橋市三咲エリアの魅力をぎゅっとお届け!三咲エリアニュース

三咲霊園について

豊かな自然が残る船橋市三咲

畑作の村として、明治の初めに開墾された三咲地区。

住宅地も増えつつありますが、梨園や畑も多く残り、すぐ近くには緑豊かなレジャースポット「ふなばしアンデルセン公園」もあります。

さらに少し進むと白井市、鎌ケ谷市、八千代市がすぐそばに。

船橋北部の魅力がぎゅっと詰まったエリアです。

三咲という名の由来

江戸時代の下総地方には12の幕府馬牧があり、その多くが明治に入って開墾されました。三咲の開墾は、明治2年(1869年)に始まります。

開墾地には、入植の順番とよき字を組み合わせた地名がつけられ、三咲のほか初富(鎌ケ谷市)、二和、豊四季(柏市)、五香(松戸市)、六実(同)などの村が生まれました。

(平成8年11月船橋市広報課発行「悠々散歩道~身近な歴史をたずねて~」より)

霊園ではさまざまなイベントも開催しています

霊園はお客様にとって楽しい場所であってほしいとの思いから、さまざまなイベントも開催しています。

  • お餅つき大会
  • 写経の会
  • ヨガ・ジョイントケア教室
  • 飾り巻き寿司教室 など

ぜひお気軽にご参加ください。

三咲霊園へのアクセス

<
住所 〒274-0055 千葉県船橋市楠が山町275-1 三咲霊園内
管理事務所 047-404-5561
問合せ・資料請求 0120-080882 / 047-438-5330
定休日 木曜

PAGE TOP