船橋市三咲エリアの魅力をぎゅっとお届け!三咲エリアニュース

【なんだコレクション】二和向台に現れた「しびから屋」へ家族で突撃!

こんにちは。ひっそりと仲間に加わりました、Mr.イイノ と申します。

船橋に住んで50年あまり! それでもまだまだ知らないものがあるものです。私も隊員として「なんだコレ?!」を発掘していきますよ!

今日は二和向台駅方面に出向いてみました。

新京成線・二和向台駅から北側へ歩いて約400m位、徒歩で6、7分といったところでしょうか。ファミレスを通りすぎてズンズン歩いていきますと・・・

カラオケ店の前、docomoショップの隣に

こぢんまーーーーりと白い看板の新しいお店を発見!

担々麺『しびから屋』?? ずいぶんとシンプルな看板ですこと。


ほほう。なんだか男らしさが漂っていますな。「しびから」と言うからには、相当な辛さとしびれ…!!なんだろうな。

しかし、隊員となったからには…覚悟を決めていざ!と言いたいところですが、一人では心もとないので(笑)、今回は家族を連れて伺ってみました!

お店に入るとシックな内装。BGMはジャズですか、ほほぅ! 大人系ラーメン店。

注文は、先に食券を購入するシステム、と。

基本的には「汁なし担々麵」か「汁あり担々麵」か「麻婆豆腐」というわけか。どれもしびれそうだな。

というわけで、しびれを覚悟し、私は「汁なし担々麺」、妻は「汁あり担々麺」、息子は「麻婆豆腐」に!

食券を渡すとお店の方から「辛さはどうしましょうか?」との質問が。チョイスとしては、「控えめ」「普通」「辛め」があるのだそうな。まずは「普通」でお願いしました! え? 度胸がない?!

麻婆豆腐を頼んだ息子には「あっさり? こってり?」との質問が。麻婆豆腐にもチョイスがあるとは!

息子:アッサリで!

とあっさり返事。 あ、すみません、ついついおやじギャグが…!

待つことしばし。そ・し・て‥‥

きましたーーー! こちらは「汁なし担々麺」(単品830円)。

そして妻には「汁あり担々麺」(単品850円)。

「あっさり」を選んだ息子には麻婆豆腐!

おぉぉぉ! 食欲をそそる香りも漂います。では、いただきます!

「汁なし担々麺」は太麺。こしが強めの麺ですね~。よくかき混ぜて…と

見た目は辛そうですが、いざ食べてみると、、、ん? いける辛さだ! 太麺の食感も楽しいです。

というわけで、半分食べたところで、テーブルにあった唐辛子を3回パッパッと、、、
あ~~~~~~~~、辛いーーーー! イイノ、辛いのはそこまで得意ジャンルではないのです!

「汁あり担々麺」を黙々と食べている妻のほうはといいますと…

こちらは細麺。低下水で、オーナーさんの表現によると「スルモチパッツン」! あぁ、ピッタリな感じ! 妻は「あ~~~、美味しい」だそうです~。でも、「次は辛さ控えめにしてみようかな」とのこと。

そしてそして、こちらも黙々と食べている息子の麻婆豆腐は

「あっさり」にすると、ごま油がなく、香辛料の辛さが効いています。黙々と食べ終わったあとには「辛かったけど美味しかったから、次来た時も、これを頼むかな」との感想!

もっともっと刺激が欲しい方は、テーブルには『おいから』用に唐辛子が置いてあるのでそれを使うか、もうとことんな過激が欲しい方は注文時に「辛くして欲しい!」と願い出れば、山椒と唐辛子を足してくれます! イイノはそこまでいけませんがね。笑

もうひとつ、おすすめが! 『おい飯』ってのがあるんですよ。

「おい飯」をお願いするとサービスでライスを頂けます。

これを残ったスープに絡めるとこれがまた旨い!

炭水化物の摂取が止まらない~~~~~~。

と、お腹は刺激いっぱいに満たされましたが、せっかく突撃訪問したので、スキを見てオーナーさんにお話しを伺ってみることに。

イイノ:ごちそうさまでした! すみません、ところで質問が。なぜ「しびから屋」という名前に??

オーナーさん:そりゃあシンプルに『辛くて痺れる』からですよ~

あ、予想は外れていなかった!

イイノ:確かにしびれました! この「しびれ」はやっぱり花山椒なんですか?

オーナーさん:ただの花山椒じゃないんですよ。最高級の花山椒と天然のねり胡麻を使っているんです。これが最高のしびれなんですよ!!

最高のしびれ! しびれにも種類があったとは!!

これがその最高級の花山椒なのだそうです!

スパイスにも詳しいオーナーさんは、ずっと中華系の料理人だったのだろうか??と尋ねてみると

オーナーさん:私は都内の某有名フレンチ店とイタリアン店で修業していましたが、担々麺好きが高じて、某有名処のらーめん店で勉強したんです。それから今回の出店に至った、というわけなんですよ。うちの担々麵は『低価格で最高のクオリティ』ですよ!

担々麵好きが作る、究極の担々麵というワケか!

せっかくなので、オーナーさんと店長さんに写真をお願いしたのですが「恥ずかしいっ!」と

↑このお姿! ちなみに左が店長さん(20代)で、右がオーナーさん(30代)。

あーーー、顔が「ハッピーアワー」になっちゃいましたよ。「実物はお店に見に来てください」とのこと。 え?ハイボールが120円!? それも気になるけど…!笑

余談ですが、私の妻は「結婚した次男坊夫妻を連れてこよう!」と、楽しみが増えて嬉しそうでしたよ。よかった!

ーーーーーーーーーーーーー
担々麵「しびから屋」
住所:船橋市二和東6−11−21 三宝ビル1階
TEL:080-7269-8188
営業時間:平日11:30〜14:30、18:00〜22:00、日・祝18:00〜21:00
休:年中無休

 

 

 

 

 

 

関連記事

PAGE TOP